神戸

  • 印刷
3億円相当の値段という「純金千両箱」=元町時計店
拡大
3億円相当の値段という「純金千両箱」=元町時計店

 値段を付ければ現金3億円相当という「純金千両箱」が17~20日、神戸市中央区元町通1の貴金属販売店「元町時計店」で公開される。重さは約36キロで、表面は木目調に加工。純金のみを使用した重厚な輝きと繊細な細工を、間近で楽しめる。

 千両箱は幅32センチ、横19センチ、高さ11センチ。貴金属加工販売の「田中貴金属工業」(東京)が10年以上前に制作し、取引のある全国の店舗で公開しているが、兵庫県内では初公開。

 金具や取っ手など16種類49個の部品、320個のくぎも全てが純金製。同社によると純金は柔らかく加工が難しいといい、職人が手作業で約3カ月間かけて加工、溶接した。

 同店の中上伸一郎店長(51)は「重厚感と輝きに驚いた。近くで気軽に見てもらい、金を身近に感じてほしい」と話していた。

 公開は午前10時~午後6時半。箱の中に500グラムの純金バー(約250万円相当)10本を入れ、ガラスケース内で展示する。同店TEL078・331・1712

(金 慶順)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ