神戸

  • 印刷
海文堂書店を懐かしみ、多くの人が詰めかけた会場=神戸市中央区元町通4
拡大
海文堂書店を懐かしみ、多くの人が詰めかけた会場=神戸市中央区元町通4

 3年半前に閉店した元町商店街の老舗「海文堂書店」の元店員らが企画した催し「2日間だけの『海の本屋』復活スペシャル」が18日、店舗跡に近いこうべまちづくり会館(神戸市中央区元町通4)で始まった。古書売り場を復元し、神戸関連の新刊やオリジナル雑貨も販売。元常連客らで終日にぎわった。19日まで。

 海文堂は1914(大正3)年に海事書店として創業。一般書や郷土本も扱い、2013年秋の閉店まで神戸の活字文化をけん引した。神戸港開港150年目を記念して「復活」イベントを企画した。

 会場には同店にあった古書の集合店舗「古書波止場」を再現。当時のレジを置き、元店員らが応対した。

 年数回は海文堂を訪れたという静岡県御殿場市の主婦(53)は「神戸の空気を強く感じさせる本屋。きょうはうれしくて、既に持っているはがきをまた買ってしまった」。大丸神戸店に長く勤めた三木市の男性(70)は「休憩時間に立ち寄るオアシスだった」と振り返った。

 午前11時~午後5時、入場無料。19日午後1時~2時半には元スタッフ2人が海文堂の書店誌について語るイベント(参加費千円)を開く。同会館TEL078・361・4523

(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 18℃
  • ---℃
  • 50%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ