神戸

  • 印刷
春の日差しを浴びて見頃を迎えたアーモンドの花=神戸市東灘区深江浜町、東洋ナッツ食品本社庭園
拡大
春の日差しを浴びて見頃を迎えたアーモンドの花=神戸市東灘区深江浜町、東洋ナッツ食品本社庭園

 桜と似たアーモンドの花が、神戸市東灘区深江浜町の東洋ナッツ食品本社庭園で見頃を迎えている。春本番を思わせる陽気となった19日、同庭園でアーモンドフェスティバルが始まり、大勢の人たちが一足早い花見を楽しんだ。

 アーモンドは桜と同じバラ科で、枝から咲くのが特徴。同社が1979年に米カリフォルニア州から苗木を取り寄せて植えたところ、約60本に増えた。フェスティバルは今年で28回目。会場を訪れた神戸市西区の男性(70)は「気温もちょうどよく、心が和みますね」と話していた。

 同フェスティバルは20日も開催。午前10時~午後4時。無料。21~23日は庭園の開放(午前10時~午後3時)もある。同社TEL078・452・7217

(中西大二)

神戸の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 20%

  • 25℃
  • 17℃
  • 20%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ