神戸

  • 印刷
ヒアリの発見を受け、神戸市がポートアイランドの全戸に配った注意喚起のチラシ(撮影・小林良多)
拡大
ヒアリの発見を受け、神戸市がポートアイランドの全戸に配った注意喚起のチラシ(撮影・小林良多)

 強い毒を持つ特定外来生物「ヒアリ」が、神戸市中央区のポートアイランドのコンテナヤード「PC18」で確認されたことを受け、19日に開かれた市議会都市防災委員会と環境福祉委員会で、委員から事実確認の経緯や住民の安全対策などに対する質問が相次いだ。

 環境省は13日、中国・南沙港から運び込まれ、5月20~25日にPC18で保管され、尼崎に運ばれたコンテナから大量のヒアリと卵が見つかったと発表。6月16日には、コンテナが置いてあったPC18のアスファルトにある3カ所の亀裂に、ヒアリ約100匹が群がっていた。

 都市防災委員会では、6月9日にコンテナから見つかった個体がヒアリだと確認されながら、同13日まで環境省から情報提供がなかったことに、委員が不満を述べた。市危機管理室は「情報提供では、経由した場所も配慮するよう申し入れた」と説明した。

 環境福祉委員会では、委員が住民の安全対策についてただした。市環境局は「学校や公園など、多くの児童が活動する場所を重点的に調査している。13カ所を調べたが、個体は発見されなかった。今後も子どもが触れる可能性が高い場所を中心に区域を拡大したい」と述べた。(森本尚樹、若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

  • 18℃
  • ---℃
  • 100%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ