神戸

  • 印刷
動画一覧へ
水鉄砲を披露するゾウの結希=神戸市立王子動物園
拡大
水鉄砲を披露するゾウの結希=神戸市立王子動物園

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区)のインドゾウの雌「ズゼ」の子で、日本で初めて代理母によって育てられた雄の「結希」(3歳)が29日、同園に初めて登場し、来園者を喜ばせた。7月15日まで滞在する。

 結希は2014年6月、千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で生まれた。ズゼは直接授乳できず、同園の雌「プーリー」が母乳を与えて育てた。元気な姿を見てもらうため、一時的な“里帰り”が決まった。

 29日に姿を見せた結希はプーリーの子で一緒に育った「りり香」(3歳)とともに、水鉄砲やお絵描きなどを披露し、歓声と拍手が起こった。お金を渡すとぬいぐるみを持ってきてくれる「ぞうさんのおつかい」に挑戦した尼崎市の女児(2)は「ゾウさん大好き。怖くなかったよ」と笑顔だった。

 同園では2頭の成長を記録した写真展が開かれているほか、7月9日には王子動物園のゾウの飼育を振り返る講演会もある。(坂山真里緒)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ