神戸

  • 印刷
商店を訪ね、テーマソングを紹介する(左から)河邉徹さん、奥野翔太さん、杉本雄治さん=神戸市中央区元町通6
拡大
商店を訪ね、テーマソングを紹介する(左から)河邉徹さん、奥野翔太さん、杉本雄治さん=神戸市中央区元町通6

 神戸高校出身の3人組ピアノ・ロックバンド「WEAVER」(ウィーバー)のメンバーが29日、神戸市中央区の元町商店街や三宮センター街などを練り歩き、「神戸開港150年」やテーマソングとして書き下ろした「海のある街」をアピールした。

 ピアノ&ボーカル杉本雄治さん(28)、ベース奥野翔太さん(28)、ドラム河邉徹さん(29)。神戸高の同級生で、在学中にバンドを結成し、神戸を中心に音楽活動を始めた。2010年からは活動拠点を東京に移した。

 神戸市から楽曲の制作を依頼され、今年5月に同曲を含む5曲入りCDをリリース。作曲した杉本さんは「神戸の活性化に何か役に立ちたいとの気持ちがあった。ほかにも有名な神戸出身アーティストが多い中、曲を依頼されたのはうれしかった」と振り返る。

 曲作りについて「若い、これからの世代として、神戸の街を盛り上げたいとの思いを込めた。神戸高校から一望できる街の様子や、海から見た美しい街並みをイメージした」という。

 3人はこの日、「開港150年」とテーマソングを紹介するポスターを手に、繁華街を歩いてPR。買い物客らに「神戸高校出身です」と語りかけ、商店にはサイン入りのポスターを貼ってもらった。

 メンバーは「テーマソングを通じて、神戸の魅力を全国の人に伝えたい」と話した。(段 貴則)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ