神戸

  • 印刷
大統領選の投票箱に用紙を入れる有権者。インクをつけた指で候補者欄にしるしをつける=神戸市中央区加納町2、神戸情報大学院大学
拡大
大統領選の投票箱に用紙を入れる有権者。インクをつけた指で候補者欄にしるしをつける=神戸市中央区加納町2、神戸情報大学院大学

 近年、神戸市が情報通信技術(ICT)の分野でビジネス交流を図っているアフリカ・ルワンダで4日、大統領選が行われる。日本国内の投票所2カ所のうち1カ所が神戸情報大学院大学(同市中央区)に設けられ、ルワンダ人の学生らが3日、祖国への思いを込めて一票を投じた。

 ルワンダはアフリカ中部の共和国。かつては民族紛争が絶えなかったが現在は治安も改善。一方で、国家的にICTの普及に力を注ぎ、急速な経済発展を遂げている。

 同大は2012年から、JICA(国際協力機構)の人材育成事業を神戸市と連携して進め、現在20~30代の留学生計12人が在籍。16年5月には、同市がルワンダの首都・キガリ市と企業交流に関する共同宣言に署名するなど関係が深まっている。

 法務省の統計では、日本に在住するルワンダ人は16年12月現在で92人。在日ルワンダ共和国大使館(東京都)によると、兵庫県は東京都に次いで在住者が多く、交通利便性や設置に関わる支援などを考慮して神戸市を投票所に選んだという。2年前にも大統領の再選に関する憲法改正の国民投票を同大で実施している。

 選挙には、3選を目指す現職のポール・カガメ氏を含め3人が立候補している。この日は朝9時から学内の一室に投票所を設置。同大や徳島県の留学生のほか、来日中の商工会議所のメンバーも投票に訪れ、候補者欄に指紋で押印した用紙を投票箱へ入れていった。

 同大修士1年のマリーズ・ボノムさん(28)は「国の将来を決める大事なイベント。新しい大統領には雇用の機会をもっと作ってほしい」と話した。ルワンダでの投票は、日本時間の4日午後10時ごり締め切られる予定。(風斗雅博)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ