神戸

  • 印刷
ランウエーを歩く第8代クイーン=エスタシオン・デ・神戸
拡大
ランウエーを歩く第8代クイーン=エスタシオン・デ・神戸

 「ウエディングの街・神戸」を全国に発信する「神戸ウエディングクイーン」の最終選考会がこのほど、エスタシオン・デ・神戸(神戸市中央区弁天町)で開かれた。予選を勝ち抜いた8人が、ウエディングドレス姿で最終審査に臨み、3人が第8代クイーンに選ばれた。

 神戸のブライダル関連企業などでつくる「神戸ウエディング会議」が主催。神戸にゆかりのある女性が対象で、約100人の応募者の中から書類選考と面接を勝ち抜いた18~22歳の8人が審査に参加。神戸への思いを表現したスピーチや、フルート演奏などでアピールし、立ち振る舞いや意欲を審査された。

 8代目クイーンに選ばれたのは東灘区の明頓百華さん(20)、大阪府の羽田優里奈さん(21)、芦屋市の寺浦帆南(21)さんで、いずれも大学生。奈良教育大で声楽を学ぶ明頓さんは、審査で披露した歌が高評価を受けた。「3人の持ち味を生かし、神戸の魅力を全国に伝えたい」と意気込んだ。選ばれた3人は今後1年間、ウエディングドレス姿で全国を回り、神戸ウエディングの魅力を発信する。(小森有喜)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 40%

  • 32℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ