神戸

  • 印刷
坂本龍馬や勝海舟を題材にイラストを描いた角谷やすひとさん=神戸市中央区下山手通、本願寺神戸別院
拡大
坂本龍馬や勝海舟を題材にイラストを描いた角谷やすひとさん=神戸市中央区下山手通、本願寺神戸別院

 神戸にゆかりのある幕末の偉人、坂本龍馬と勝海舟をユーモラスに描いたイラスト展「海へ」が神戸市中央区下山手通8、本願寺神戸別院(モダン寺)で開かれている。愛知県のイラストレーター角谷やすひとさん(56)の手掛けた10点が並ぶ。20日まで。

 角谷さんは自動車レースF1のイラスト、デザイン画などで知られる。十数年前、龍馬を題材にしたミュージカルを見て感銘を受けてイラストを描き始め、龍馬の故郷・高知など全国で作品展を開いている。

 神戸は海舟が「神戸海軍操練所」の開設を進言し、龍馬が学んだ場所。神戸開港150年目に合わせて角谷さんが展示を企画した。

 龍馬と海舟が黒船に乗り込む姿のほか、神戸ポートタワーや神戸市長田区のモニュメント「鉄人28号」など現在の神戸を背景に立つ様子などを描いた。アクリル絵の具の原画を最新のデジタル技術「ピエゾグラフ」で鮮明に複製している。

 角谷さんは「龍馬や海舟にとって神戸は思い入れの強い場所のはず。地元の人に楽しんでもらえたら」と話す。

 午前7時~午後5時45分。無料。同寺TEL078・341・5949

(金 慶順)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 19℃
  • 13℃
  • 20%

  • 19℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

  • 20℃
  • 12℃
  • 40%

お知らせ