神戸

  • 印刷
アニメのキャラクターに扮して生野の観光プランを発表する生野高校の生徒=神戸市産業振興センター
拡大
アニメのキャラクターに扮して生野の観光プランを発表する生野高校の生徒=神戸市産業振興センター

 高校生が考えた「地域の観光プラン」を競い合う「全国高校観光選手権大会」が24日、神戸市中央区の神戸市産業振興センターであった。全国から集まった42校84プランのうち、書類審査で選ばれた上位8校がそれぞれの観光地とツアーを紹介。兵庫県からは生野高校(朝来市)が日本遺産に認定された「銀の馬車道 鉱石の道」を構成する生野銀山を舞台に、アニメと組み合わせた観光プランを提案し、銅賞に輝いた。(勝浦美香)

 2009年から始まり、9回目。インバウンドと呼ばれる外国人観光客も増えるなか、世界にアピールできる観光政策を募集した。

 生野高校の3年生4人は、今年日本遺産に認定されたストーリー「銀の馬車道 鉱石の道」に含まれる生野銀山(朝来市)周辺のツアーを提案。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」になぞらえて、キャラクターに扮するコスプレで観光を楽しむ案を発表した。

 自らもアニメの衣装姿で登壇した生徒は、生野銀山周辺は、他の地域にはない大自然の幻想的な風景がたくさんあり、アニメの世界ともなじみやすいと紹介。観光地で撮影したコスプレ写真をSNSで広めることで、海外からも注目されるとアピールした。

 このほか、自転車で泉州をめぐるプラン(大阪・清風南海高校)や、あまり知られていない岡山・飛島の魅力を紹介するツアー(岡山・興譲館高校)、武将や日本酒などをPRする山形のツアー(山形・村山産業高校)などが映像や演技、踊りなどを交えてそれぞれ紹介された。

 生野高校3年の山下志穂さん(17)は銅賞の受賞にも「生野の魅力を全部伝えきれなかったようで悔しい」とする一方、秋山菜々美さん(17)は「思い付きから始めた企画がここまで来られてうれしい。生野に観光客が集まるきっかけになれば」と話した。

 グランプリの観光庁長官賞には、相撲を観光資源に捉えた青森県立名久井農業高校が選ばれた。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 50%

  • 14℃
  • 9℃
  • 80%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

お知らせ