神戸

  • 印刷
表面が程よく凍った“半シャリ”が食べ頃という「とくれん」ゼリー
拡大
表面が程よく凍った“半シャリ”が食べ頃という「とくれん」ゼリー

 8月に連載「あなたも認定 神戸遺産」で、神戸っ子が共有する名物や体験を幅広く紹介したところ、読者から多くの感想や意見をいただきました。記者がたどり着かなかった有益な情報も含め、続報をリポートします。まずは、小学校給食で人気の「とくれん」ゼリーから-。

 初回で取り上げた給食のみかんゼリー、通称「とくれん」。40年以上も愛されるデザートだけに、ツイッターやフェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)で多くの人が記事をシェアし、懐かしがった。

 コメントで目立つのは、「余り」が出た日の争奪戦の記憶。じゃんけん大会は各地の学校で繰り広げられたようだ。半冷凍状態へのこだわりをつづる人、神戸だけで特に人気があることに衝撃を受ける人もいた。

 容器の変化への言及もあった。今は紙カップだが、昔はプラスチック製だった。現在の製造元「浅井缶詰」(徳島県)に問い合わせたが「製造を引き継いだ約17年前は、すでに紙カップだった」という。

 感傷に浸る一方、盛り上がったのは「今はどこで買えるか」問題。記事ではかつ丼専門店「吉兵衛」を紹介したが、確認できただけでも、大丸須磨店1階「北野エース」▽ナナ・ファーム須磨「NANA five」▽王子動物園内レストラン「パオパオ」▽「回転寿司魚喜 神戸元町店」-でも販売している。コープこうべは宅配会員専用のカタログに時折掲載する。提供する店は少なくないようだ。

 解けなかった謎は、正式名称「プデナーオレンジ80」の「ナー」の意味。「プリンのようなデザート」を表す造語だが、「ナー」にあたる言葉は不明のまま。情報提供もなかった。やっぱりよう分からんナー。(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 18℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ