神戸

  • 印刷
手作業で丁寧に摘み取るオリーブの収穫作業=神戸市東灘区魚崎浜町
拡大
手作業で丁寧に摘み取るオリーブの収穫作業=神戸市東灘区魚崎浜町

 神戸市の環境まちづくり事業「KOBEエコタウン・オリーブプロジェクト」の一環として19日、神戸市東灘区魚崎浜町の総菜大手ロック・フィールドの敷地に植えられたオリーブの収穫作業があった。

 同プロジェクトは、明治時代の神戸に日本初の国営オリーブ園が設立されたことにちなんで、オリーブによる緑化などを展開。市民団体「インターナショナルオリーブアカデミー神戸」顧問の中西テツ・神戸大名誉教授の指導で、約90本の木から200キロ以上の実を収穫した。

 「例年より生育が早く、量も多い」と中西さん。収穫した実は、神戸女子短大(同市中央区)の協力で、あく抜きの後、塩漬けに。オリーブ関連のイベントで試食してもらい、今後の活動につなげていくという。

   ◇   ◇

 インターナショナルオリーブアカデミー神戸主催の「神戸オリーブフェスタ」が10月21日、神戸市中央区中山手通3の北野工房のまちで開かれる。

 正午からの第1部では、オリーブパンの出店やオリーブ冠づくり、苗木や関連商品の販売、栽培・調理の相談会などを予定する。

 午後3時からの第2部は、神戸オリーブ園と同時期に設立された「播州葡萄園」、両園を指導した前田正名や福羽逸人をテーマに講演会を開催する。

 入場無料。(田中真治)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 5℃
  • -1℃
  • 70%

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 7℃
  • 0℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ