神戸

  • 印刷
秋季大祭で奉納された「浦安の舞」=神戸市中央区下山手通1、生田神社
拡大
秋季大祭で奉納された「浦安の舞」=神戸市中央区下山手通1、生田神社

 神戸市中央区の生田神社で20日、秋季大祭の「氏子奉幣祭」があった。氏子ら約70人が見守る厳かな雰囲気の中、巫女4人が神楽「浦安の舞」を奉納した。

 奉幣祭は毎年春と秋にある恒例の祭りで、地域の安全と繁栄を願って執り行われる。「浦安の舞」は昭和天皇が詠んだ和歌が歌詞となっており、世の平穏無事などの願いが込められている。

 祝詞奏上などの神事に続き、美しい装束をまとった巫女が笛や太鼓に合わせ、一糸乱れぬ優雅な舞を披露した。参拝に訪れた旅行中の女性(37)=埼玉県川口市=と友人(43)=茨城県守谷市=は「初めて見たが、日本の伝統を感じられる舞で良かった」と感動しきりだった。

 大祭に伴う行事は22日まで続き、21日は午前11時から献華祭、午後5時半から太極拳や空手道などの奉納武道、22日は午前10時から献茶祭、午後7時から雅楽の夕べがそれぞれ行われる。(坂山真里緒)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 18℃
  • ---℃
  • 50%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ