神戸

  • 印刷

 神戸市は27日、スポーツクラブで他人の財布を盗んだとして、中央消防署の男性消防職員(26)を同日付で懲戒免職処分としたと発表した。

 市消防局によると、男性職員は4月28日午後、帰宅中に立ち寄った奈良市のスポーツクラブで、別の利用者のロッカーから、現金約2万円入りの財布を盗んだとして起訴された。この職員は2016年4月にも、神戸市中央区のコンビニで菓子パンを万引し、停職1カ月の処分を受けていた。

 また、市は27日付で、同僚に暴言を吐いた西区役所の男性職員(42)を停職3カ月とした。職員は8月25日、同区役所の職場で、20代の女性職員にバインダーを投げつけて額にけがをさせ、「ばかにしやがって」などの暴言を吐いた。男性職員は「仕事に慣れずいらいらしていた。仕事がうまくできる女性の話し方にばかにされたような気がした」と話したという。(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ