神戸

  • 印刷
神戸パン祭りをPRする県パン協同組合の関係者たち=神戸市役所
拡大
神戸パン祭りをPRする県パン協同組合の関係者たち=神戸市役所

 神戸市内を中心にパン製造の13社が参加する「神戸パン祭り」が10月21日、同市中央区浪花町の神戸朝日ホール1階ピロティ広場で開かれる。各店がオリジナル商品をそろえるほか、神戸港開港150年目に合わせ、開港当時の居留地で販売されていたパンも再現する。

 県パン協同組合の主催。神戸のパン文化は、開港をきっかけに、居留地の外国人向けに作られたことから始まったという。イベントは、「パンのまち」を盛り上げるため、2015年から開いている。

 フランスパンや食パンをはじめ、牛すじ煮込みカレー、ぼっかけなどを組み合わせたパンが並ぶ。開港当時のパンは、石臼でひいた粗めの小麦粉など、明治時代に流通していた材料を再現して焼き上げる。1個200円で限定500個を販売する。

 パンで作った神戸ポートタワーが会場を飾り、開港150年目にちなみ、国内産小麦粉で作ったレーズン入りコッペパンを先着1500人に無料でプレゼントする。コーヒーなどの飲み物(有料)もある。

 午前11時~午後4時。県パン協同組合事務局TEL078・382・2511

(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 5℃
  • -1℃
  • 70%

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 7℃
  • 0℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ