神戸

  • 印刷
すくすく育っているレッサーパンダの双子の雄(王子動物園提供)
拡大
すくすく育っているレッサーパンダの双子の雄(王子動物園提供)

 神戸市立王子動物園(同市灘区)は、7月に生まれたシセンレッサーパンダの双子の公開を始めた。性別は雄と雌と分かり、29日まで2匹の名前の候補を挙げ、投票を募っている。

 父親ガイア(13歳)と母親ミンファ(11歳)の間に誕生。雄は体長約66センチで体重約2キロ、雌は体長約60センチで体重約1・8キロと順調に育ち、母乳に加えてサツマイモなど成獣の餌も食べ始めた。毛が生えそろい、一見してレッサーパンダと分かるように。開園前の早朝や休園日に“練習”で獣舎に放すと、木に登るなど元気に遊ぶという。

 公開は当面の間、母子一緒で午後2~3時に限る。公開時間は少しずつ延ばしていく予定。雨天の場合は中止。

 名前募集は、雌雄で対の3候補から入園者が一つ選ぶ方式を採る。候補は、神戸の文化にちなんだ「雄-ジャズ・雌-メロディ」▽両親の名から一部取り、宝石にちなむ「雄-ガーネット・雌-サファイア」▽七福神由来の「雄-エビス・雌-ベンテン」。

 投票はレッサーパンダの獣舎前で毎日午後4時半まで受け付け、最も投票数が多い候補に決定する。29日中に同園ホームページで発表し、獣舎前に掲示する。(上杉順子)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ