神戸

  • 印刷
段ボールの模型を制作した生徒たち=舞子高校
拡大
段ボールの模型を制作した生徒たち=舞子高校
展示中の「段ボールロボット」=神戸市須磨区中落合2、大丸須磨店
拡大
展示中の「段ボールロボット」=神戸市須磨区中落合2、大丸須磨店

 舞子高校(神戸市垂水区学が丘3)の3年生4人が、人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの人気ロボットに似せた段ボールの模型を作り、大丸須磨店(同市須磨区中落合2)の1階で展示されている。買い物客らが足を止め、高さ約3・5メートルの模型を見上げる。展示は22日まで。

 大学や企業と連携した講義や演習を特色にする「普通科先進理工類型」の授業の一環で、植杉剛也さん(18)と上野凌太さん(18)、宇根川琢磨さん(17)、中川亮太さん(18)が卒業研究として挑戦した。

 今年3月末から取り組み、放課後の時間を使い、部活動と両立しながら作業を進めた。設計図通りに組み立てても段ボールが素材のためなかなか立たず、バランスを保つため、何度も部品を作り替えた。延べ40時間ほどを費やし、約3カ月かけて完成した。

 当初は校舎での展示を予定したが、指導した奥田大志教諭(37)が「地域の人にものづくりに興味をもってほしい」と同店での展示を依頼した。リーダー役の植杉さんは「設計図通りに作っても立つかどうか分からないところから始まり、苦労した。将来は自動車の設計に携わりたい」と話していた。(大橋凜太郎)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ