神戸

  • 印刷
KOBE豚饅サミットをPRする豚饅娘や発起人ら=神戸市役所
拡大
KOBE豚饅サミットをPRする豚饅娘や発起人ら=神戸市役所

 「豚まん発祥の地」をPRするイベント「第7回KOBE豚饅サミット」が11月5~12日、神戸市中央区の南京町などで開かれる。10日から3日間は、14の店やグループがオリジナル豚まんを販売。6~12日は「サミットウィーク」として、同区などのパン店5店が今回からパン生地で具を包む「豚パン」を考案し、各店舗の店頭に並べる。(若林幹夫)

 地元商店主らでつくる実行委員会が主催。期間中の11月11日は、「11」を豚の鼻の穴の形に見立て「豚饅の日」としている。5日は前夜祭として、午後5時半から同区元町通3の〓月堂ホールでオリジナル豚まんの出品商品が発表される。

 イベントの発起人となる「老祥記×近藤亭きっしゅや」「四興樓」「三宮一貫楼」は10日から、ポルチーニ茸とチーズ入り▽熊本の天草ポークとアワビを合わせた中華風▽上海ガニのみそ入り-と高級感あふれる肉まん3点(税込み500円)を提供。東日本大震災と熊本地震で被災した仙台、熊本市から中華料理店なども招き、残る11店が、ハンバーグや熊本名産馬肉のスジと長田名物ぼっかけの組み合わせなど、同サミットでしか味わえない豚まんを用意する。

 「豚パン」はイスズベーカリー元町店(中央区)や原田パン本店(長田区)など5店が参加。神戸を代表する食文化のパンと豚まんの具との組み合わせを提案する。

 発起人3店舗とパン店「Ca marche(サ・マーシュ)」は10日に南京町の専門店「曹家包子館」で3点詰め合わせの豚まんと豚パンを先行販売。残る10店も含めた全14店の豚まんと豚パンが11、12日、南京町広場と大丸神戸店で販売される。

 販売は3日間とも午前11時~午後5時で、売り切れ次第終了。収益の一部は熊本地震で被害を受けた熊本城の修復費用に寄付する。実行委事務局(曹家包子館)TEL078・331・7726

※〓は「几」の中に「百」

神戸の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 30%

お知らせ