神戸

  • 印刷
著作に囲まれたカフェでマスターを務める松宮宏さん=神戸市長田区駒ケ林町1
拡大
著作に囲まれたカフェでマスターを務める松宮宏さん=神戸市長田区駒ケ林町1
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 お好み焼きやホルモンなど、神戸のB級グルメが登場する娯楽小説が好評を博す作家の松宮宏さん(60)=神戸市垂水区=が3日、長田区の喫茶店「初駒」を借り、期間限定で文芸カフェを開店させた。推敲の跡が残る原稿を壁に貼り、その場で読める未発表作も用意。「小説でお世話になっている街。物語を通じ、神戸ってやっぱり面白いと感じてもらえたらうれしい」と話している。(上杉順子)

 大阪市出身。アパレル大手「ワールド」(同市)などで販売促進や店舗デザインを担当した後、2006年、京都が舞台のチャンバラ現代劇「こいわらい」(「秘剣こいわらい」に改題)でデビューした。

 長年住む神戸を題材にしたのは、一昨年と意外に遅い。「三宮で働いても、途中の駅で降りたことはなかった」。知人の勧めで西元町の立ち飲み屋に通うようになり、個人商店が多い元町から長田にかけての面白さに開眼。元町高架通商店街(モトコー)などで話が展開する「ホルモンと薔薇」(「まぼろしのパン屋」所収)が評判を呼び、続編の「さすらいのマイナンバー」「まぼろしのお好み焼きソース」で“神戸3部作”を完成させた。

 カフェの壁には、松宮さんが赤ペンでびっしり書き替えた原稿などを掲示。モデルにした商店や食品の写真も一緒に貼り、思わず行きたく、食べたくなる仕様だ。未発表原稿はシリーズ2作目まで出版されている「こいわらい」の第3弾などを置いている。

 開店は4、5、11、12日の午前10時~午後5時で、松宮さんが常駐する。ホットコーヒー250円。4日は同5~9時にバー営業があり、11日は松宮さん作品の表紙を担当するイラストレーター・マメイケダさんの絵を展示する。

 初駒の住所は長田区駒ケ林町1の5の13。ベージュののれんが目印。市営地下鉄駒ヶ林駅2番出口から徒歩約2分。期間中、電話は設置していない。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ