神戸

  • 印刷
救命措置の技術を競う学生ら=デュオこうべ
救命措置の技術を競う学生ら=デュオこうべ

 救命措置の大切さを学ぶ「救急フェスタin神戸 第5回いのちのリレー大会」が3日、神戸ハーバーランドの地下街「デュオこうべ」で開かれた。県内外の27組が競技に参加し、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)使用の技術を競った。

 JR西日本あんしん社会財団などが主催。小学生から大人までが3人一組になり、「40代女性がテニス中に倒れた」などの想定で救命措置に挑戦した。AEDを使うときは「離れてください」と周囲に呼び掛け、胸骨圧迫と人工呼吸を適正なペースで繰り返すなど、参加者は真剣な表情。市消防局などが審査した。

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ