神戸

  • 印刷
空港で働く車両の乗車体験を楽しむ子ども=神戸空港
拡大
空港で働く車両の乗車体験を楽しむ子ども=神戸空港

 航空機の展示などを通して空港に親しんでもらう「空の日イベント」が5日、神戸空港(神戸市中央区)で開かれた。親子連れら約8千人が訪れ、小型機などの見学や記念撮影、客室乗務員の業務体験などを楽しんだ。

 スカイマークの格納庫では、プロ野球阪神タイガースのロゴをあしらった特別機「タイガースジェット」などを見学。訪れた人々は「かっこいいね」と笑顔で記念撮影をし、客室内を見て回った。子どもたちは乗客の荷物を載せた車両を引っ張る「トーイングトラクター」の乗車体験や、整備士やパイロットの制服を着用するなどした。

 滑走路近くでは小型機や給油車など空港で働く車が並び、操縦席に座っての記念撮影などに列ができた。離陸する航空機を間近で見ることができ、子どもたちは手を振って見送った。

 霞ケ丘小5年の男児(10)=神戸市垂水区=は「けん引車は近くで見るとすごく大きかった。エンジンの内部も見られて楽しかった」と笑顔だった。(赤松沙和)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 30%

  • 8℃
  • 4℃
  • 80%

  • 12℃
  • 7℃
  • 10%

  • 10℃
  • 6℃
  • 30%

お知らせ