神戸

  • 印刷
子育てのあり方について話す山本シュウさん=神戸市中央区橘通3
拡大
子育てのあり方について話す山本シュウさん=神戸市中央区橘通3

 ラジオDJで、大阪大非常勤講師の山本シュウさん(53)が15日、神戸市立婦人会館(同市中央区橘通3)で子育てをテーマに講演した。市立小学校PTA連合会の主催。子育て中の父母ら約250人を前に、親子げんかを一人で演じるなど笑いも交え、子どもとのコミュニケーションの取り方などを指南した。

 テレビの障害者情報バラエティー番組の司会を務めるなど幅広く活動する山本さん。小学校のPTA会長を担った経験もあり、かぶり物姿で「レモンさん」を名乗り、全国で子育てに関する講演活動も行う。

 山本さんは、子どもの話を「聞く」▽理解に間違いがないか「確認」▽意見にひとまず「同調」-という「理解の3ステップ」が重要だと指摘。頭ごなしに叱る大人は「頭に昭和の(IC)チップが埋め込まれている」と話し、会場の笑いを誘った。

 また、子どもは失敗して怒られると「失敗=悪」と認識し、挑戦しなくなると指摘。失敗しても工夫を重ねる「成長サイクル」に導くのが親の役目だとした。小学2年の娘がいる女性=北区=は「子どもの言葉に耳を傾ける大切さを痛感した」と話した。(小森有喜)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ