神戸

  • 印刷
メリケンパークに現れた高さ約30メートルのアスナロの木=神戸市中央区波止場町2(撮影・斎藤雅志)
拡大
メリケンパークに現れた高さ約30メートルのアスナロの木=神戸市中央区波止場町2(撮影・斎藤雅志)
プロジェクトを計画した西畠清順さん=神戸市中央区波止場町2(撮影・斎藤雅志)
拡大
プロジェクトを計画した西畠清順さん=神戸市中央区波止場町2(撮影・斎藤雅志)

 神戸港開港150年目を記念して生木のクリスマスツリーにするため、17日に神戸市中央区のメリケンパークに設置された高さ約30メートルの巨木。ミナト神戸に新たな集客スポットが出現した。植樹式の終了後も市民らが集まり、海沿いに立つ巨木を見上げて、来月の観覧イベントを心待ちにした。(上杉順子)

 12月2~26日に開催する「めざせ! 世界一のクリスマスツリープロジェクト」。希少植物を求めて世界中を巡る「プラントハンター」の西畠清順さん(37)=川西市=が企画し、西畠さんの会社「そら植物園」(同市)が主催する。期間中はツリーを飾り、夜間はライトアップを実施。木の周囲でイベントも開かれる。

 富山県氷見市から運ばれたアスナロの木(推定樹齢150年、重さ約24トン)は午前中に鉢に降ろされた。午後は根に土をかぶせて合計60トンの重りで固定し、つるしていた船のクレーンを外す作業が進められた。今後、鉢の周囲に舞台を兼ねた展望台などを建造する。

 木の前は作業見学や記念撮影を楽しむ人たちでにぎわった。中央区の女性会社員(57)は「クレーンとの共演はきょうしか見られない。観覧が始まったら船に乗り、海から見てもすてきでしょうね」とうっとり。

 同区の主婦(42)は娘(2)を抱き、「思っていたより大きい」と驚いた様子。ツリーの飾りは自然光にきらめく反射板で、昼間も輝くことを知ると「子どもがいると夜はなかなか来られないので、うれしいです」と声を弾ませていた。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ