神戸

  • 印刷
少女軟式野球チームに生まれ変わった「神戸Jガールズ」=神戸市西区岩岡町、野中中央市民公園
拡大
少女軟式野球チームに生まれ変わった「神戸Jガールズ」=神戸市西区岩岡町、野中中央市民公園

 神戸市西区岩岡町の小学生女子ソフトボールチームが、軟式野球チーム「神戸Jガールズ」に生まれ変わり、練習に励んでいる。地元の小学1~5年のメンバー9人は全員が女の子。ソフトボールと異なる野球の動きに四苦八苦しながらも、来年から試合に臨む予定で「男子に勝つ」と意気込んでいる。(村上晃宏)

 2014年、ソフトボールチーム「神戸岩岡Jガールズ」として結成。週3日、岩岡町の野中中央市民公園で練習を重ねる。女子児童のみでつくる単独の軟式野球チームは、県内に唐櫃レディース(北区)などがあるが、まだ珍しい存在という。女子プロ野球リーグの発足から8年がたち、中学で軟式野球部に入るOGが増えたため、神戸岩岡Jガールズを指導する芝田一彦監督(48)が決断した。

 軟式野球への変更を聞いた投手の芝田みらいさん(11)=岩岡小5年=は「不安はあったけど、プレーの幅が広がる楽しみもあった。仲間と『頑張ろう』と気持ちを一つにした」と話す。学童約30チームが加盟する神戸軟式野球協会で、唯一の女子チームとして所属し、来年から始まる試合で男子チームと競い合う。

 結成初日、芝田監督の招きで、淡路島を本拠地とする女子プロ野球チーム「兵庫ディオーネ」の選手6人が訪れた。女子児童たちは、ソフトボールに比べて跳ねやすい軟式ボールの捕球方法や、上手投げの投球技術、強い打球を飛ばす打ち方を教わった。

 主将の安尾春音さん(10)=同小5年=は「塁間が広がったり、軟式ボールが転がるスピードが速かったりして、まだ慣れていない。でも、試合で勝てるよう力を合わせて頑張りたい」と向上心を見せる。

 入団を希望する女子児童を募集している。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ