神戸

  • 印刷
レーザー光線で金属を切断する機械を見学する韓国の生徒たち=神戸市兵庫区和田宮通2
拡大
レーザー光線で金属を切断する機械を見学する韓国の生徒たち=神戸市兵庫区和田宮通2

 韓国の工業高校に通う生徒たちが28日、神戸市兵庫区の兵庫工業高校を訪れ、学校の設備を見学した。約40名が2班に分かれ、実習形式の授業も見学した。

 日本の工業高校の技術や機械の取り扱い方を学ぼうと、韓国のドゥウォン工科大学が企画。連携する工業高校に参加を呼び掛け、兵庫県国際交流協会(中央区)と同校が協力して招いた。

 韓国の生徒たちは、鉛筆やコンピューターを使った製図の実習を間近で見学。続いてレーザー光線を使って金属を切断する機械の説明を受けると、「レーザー光線はセ氏何度ほどに達していますか」などの質問が飛びだし、金属の切断面を食い入るように観察した。

 イチョンジェイル高校3年のキム・キョンミンさん(17)は「学校の規模の大きさに驚いた。実習も多様で、授業の様子を見ていると自分も参加したくなった」と話していた。(大橋凜太郎)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ