神戸

  • 印刷
神戸発祥の装飾=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
神戸発祥の装飾=デザイン・クリエイティブセンター神戸
ツリーや人形、オーナメントなど世界各国の装飾が並ぶ会場=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
ツリーや人形、オーナメントなど世界各国の装飾が並ぶ会場=デザイン・クリエイティブセンター神戸
アフリカの国々ではキリストの「降誕人形」が黒人として作られている=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
アフリカの国々ではキリストの「降誕人形」が黒人として作られている=デザイン・クリエイティブセンター神戸
インドネシアでよく見られる羽が生えたサンタクロースの人形=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
インドネシアでよく見られる羽が生えたサンタクロースの人形=デザイン・クリエイティブセンター神戸

 世界各地のクリスマス装飾を集めた企画展「世界のクリスマス」が神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開かれている。各国の慣習や信仰が反映されたサンタクロースや民族色あふれる装飾品など約500点がにぎやかに並び、さまざまなクリスマスの雰囲気が楽しめる。12月28日まで。

 開催中の「トイ&ドールコレクション」の季節展。例年は姫路市の日本玩具博物館で開くが、日本のクリスマス装飾発祥の地が神戸であることや、神戸港開港150年目を記念し、今年は神戸でも企画した。会場は欧州、北米・中南米、中東・アフリカ、アジア・オセアニアと大きく四つの地域に分類され、各国で人気の飾りや人形などを並べた。

 「クリスマスは各地の土着の宗教や習俗と合わさって発展してきた文化」と同博物館の原田悠里さん(28)。装飾にはそれが顕著に表れ、同じサンタクロースでも羽が生えていたり、サングラス姿で波に乗っていたり。また、南欧から広まったキリストの「降誕人形」も、中南米やアフリカでは独自の発展を見せる。

 12月17日まで同センターは入館無料。12月18日以降は高校生以上500円、小・中学生は200円。月曜休館。同10、16日にはデンマークやノルウェーの飾りを手作りする有料のワークショップもある。(勝浦美香)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ