神戸

  • 印刷
摩耶山掬星台を目指し、ランナーが一斉に走りだしたスタート地点=神戸市灘区城の下通1、神戸高校同窓会館前
拡大
摩耶山掬星台を目指し、ランナーが一斉に走りだしたスタート地点=神戸市灘区城の下通1、神戸高校同窓会館前
苦しそうな表情で急勾配の山道を駆け上がるランナー=神戸市灘区、摩耶山
拡大
苦しそうな表情で急勾配の山道を駆け上がるランナー=神戸市灘区、摩耶山
第5回シム記念摩耶登山マラソンに初めて参加したアメリカ人のライアン・ベネキさん=神戸市灘区摩耶山町、掬星台
拡大
第5回シム記念摩耶登山マラソンに初めて参加したアメリカ人のライアン・ベネキさん=神戸市灘区摩耶山町、掬星台
参加者らが「地獄」と声をそろえる旧天上寺の330段の階段=神戸市灘区、摩耶山
拡大
参加者らが「地獄」と声をそろえる旧天上寺の330段の階段=神戸市灘区、摩耶山
第5回シム記念・摩耶登山マラソンで険しい山道を走り抜ける参加者=神戸市灘区、摩耶山
拡大
第5回シム記念・摩耶登山マラソンで険しい山道を走り抜ける参加者=神戸市灘区、摩耶山

 神戸で初めてとされる登山マラソンで優勝した英国人実業家アレキサンダー・キャメロン・シム(1840~1900年)にちなんだ第5回シム記念・摩耶登山マラソン(神戸新聞社など後援)が2日、神戸市灘区の摩耶山であった。さわやかな青空の下、標高差約600メートルのコースを約400人が駆け抜けた。(勝浦美香)

 1872(明治5)年に「神戸レガッタ&アスレチッククラブ」が旧居留地から摩耶山まで約7・2キロを往復する長距離走を開催し、シムが優勝。これに基づき、同クラブなどでつくる実行委員会が主催する。

 午前10時、ランナーは10キロ、3キロ、2人以上で参加するチームランの三つの部門に別れ、スタート地点の神戸高校同窓会館(同区城の下通1)の前を出発。摩耶ケーブル「虹の駅」の横を通ってゴールの摩耶山掬星台まで駆け上がった。

 最難関は3キロ地点手前にある旧天上寺の階段。300段を越える石段にランナーらは表情をゆがめ、「ゴールまだ?」「もうちょっとや」など声を掛け合いながら上りきっていた。

 10キロ部門を完走した西区の男性(32)は3度目の参加。「毎年階段の所で走るのをやめたくなるけど、気づいたら今年もエントリーしてしまっていた。来年も走るんだろうな」と笑った。チームランの部門に家族4人で参加した三木市の男児(6)は「家族の中で1番にゴールした。全然しんどくなかったよ」と満足そうに話した。

■「外国人代表のつもりで」米国のベネキさん完走

 シム記念・摩耶登山マラソンに初めて参加した米国人で尼崎市に住むライアン・ベネキさん(35)は10キロ部門を見事に完走した。「初めて摩耶山でマラソンを走ったのが外国人だと聞いたので、外国人代表のつもりで走りました」と笑った。

 摩耶山を登るのも初めてだったといい「楽しそうだし10キロなら走れるかなと思ったけど、最初の3キロはリタイアを考えるくらいきつかった。想像以上だった」と振り返る。

 「天気がよく紅葉も残っていたし、最後の5、6キロは景色を楽しみながら走れた。来年もまた出られるといいな」と満足そうだった。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ