神戸

  • 印刷
サッカーJリーグ、ガンバ大阪のチアリーダーとして会場を盛り上げる和気聡美さん(本人提供)
拡大
サッカーJリーグ、ガンバ大阪のチアリーダーとして会場を盛り上げる和気聡美さん(本人提供)

 チアリーディングの最高峰、米プロフットボールNFLへ再挑戦しようと、プロチアリーダー和気聡美さん(26)=神戸市垂水区=が準備を進めている。NFL各チームの採用倍率は約10倍という狭き門で、昨春は落選した。再渡米にはプロの収入だけでは足りず、県障害者スポーツ協会に勤めて資金を積み立てている。「『行きたい』ではなく『行かなきゃいけない場所』」。来春の採用審査に向けて決意は固い。

 NFLへの初挑戦は、サンフランシスコを拠点とするチーム。最終手前の2次審査まで進んだが、「1次の手応えがよく、気持ちが入り過ぎて」、演技途中に振り付けが頭から飛び、立ち尽くしてしまった。

 帰国後は、当時所属していたアメリカンフットボールXリーグのチームに戻り、Xリーグのチア約170人からオールスター15人に選ばれた。昨年12月にアマチュアとして「やり切った」と感じてチームを退団。プロのチアを募集していたサッカーJリーグ、ガンバ大阪の選考を突破し、今シーズン終盤にはメンバー14人のセンターをつかんだ。

 渡米資金と練習時間を確保するため、今春、本業だった金融機関から同協会の嘱託職員に転職。NFLのチアは、プロスポーツ選手と同じ特別なビザが必要になるため、現地の弁護士に手続きの進め方を相談する一方、米国人との学習で英会話力も磨く。

 米国のチアは「ゆったり」した演技が要求されたり、「切れ」を重視したりと、チームによって好みがあるといい、和気さんはどこでも対応できるよう練習を重ねている。「映像を見ては盗んでいる。何より3階席からでも目を引く大きなパフォーマンスを見せたい」。夢を勝ち取るために、準備に余念がない。(有島弘記)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ