神戸

  • 印刷
ふろふき大根を味わう家族連れ=北区淡河町東畑
拡大
ふろふき大根を味わう家族連れ=北区淡河町東畑

 無病息災を願い、住民らがふろふき大根を食べる「ふろふき祭り」が3日、神戸市北区淡河町東畑の滝宮神社であり、約50人に蒸しあげた大根が振る舞われた。

 同神社は近くの「曇が滝」を祀っており、毎年12月の第1日曜に祭礼としてふろふき祭りを行う。江戸時代からの伝統を東畑の住民が継承しているという。

 近隣で採れた丸みのある聖護院大根を地域の主婦らが蒸し器で調理。訪れた家族連れは、柔らかい大根にゆずみそ、さんしょうみそなど5種類のみそを付けて味わった。焼き魚や日本酒も振る舞われ、秋の豊作を祝う餅まきには大勢の人が参加した。

 毎年家族と訪れるという男児2人は熱々の大根をほおばり、「ごまみそを付けて食べると、大根も甘く感じられておいしい」と話した。(小森有喜)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ