神戸

  • 印刷
じゅうたんを販売した収益金で被災地支援を計画するマスウド・ソバハニさん=神戸市東灘区向洋町東4
拡大
じゅうたんを販売した収益金で被災地支援を計画するマスウド・ソバハニさん=神戸市東灘区向洋町東4
阪神タイガースのランディ・メッセンジャー投手のサイン
拡大
阪神タイガースのランディ・メッセンジャー投手のサイン

 日本をこよなく愛するイラン系米国人で、貿易商のマスウド・ソバハニさん(62)=神戸市東灘区向洋町中3=が、自慢のペルシャじゅうたんを売った収益金で、熊本地震や東日本大震災などの被災地支援を計画している。販売するのはタペストリーとして飾る虎柄のじゅうたん1枚。買い手を募っており、売上金は全額を被災地へ寄付する。ソバハニさんは「できるだけ高い値段で売って、被災地の皆さんの力になりたい」と話す。(勝浦美香)

 じゅうたんは縦80センチ、横83センチの大きさで、ウール100%。祖国イランの職人らが1年以上かけて作り、相場では100万円ほどの値段がつくという。「絵画と違い、手で触っても大丈夫。きれいに描かれた虎をなでてかわいがってほしい」と笑う。虎柄にちなみ、ソバハニさんの友人で阪神タイガースのランディ・メッセンジャー投手も協力。じゅうたんを入れた額縁の裏側に、直筆のサインを寄せた。

 「困った時の友こそ真の友」という英語のことわざを座右の銘とするソバハニさん。「イランも地震の多い国。震災で困っている日本の皆さんが、少しでも楽に暮らせるようになればうれしい」と話している。

 収益金は神戸新聞厚生事業団を通して、被災地へ全額寄付するという。問い合わせは、ソバハニさんが代表取締役を務める「ペルシャンパレス」(TEL078・858・9990)まで。

神戸の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 25℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ