神戸

  • 印刷
防災頭巾を縫う母親ら=神戸市北区松が枝町1
防災頭巾を縫う母親ら=神戸市北区松が枝町1

 熊本地震の被災地にある保育園に通う園児に、災害時にかぶる防災頭巾を贈る活動を続ける神戸市北区の一般社団法人「グリット」が19日、同区の箕谷小学校で、保護者向けの作り方講座を開いた。「阪神・淡路大震災の経験を生かし、神戸でも頭巾を普及させたい」と企画。3年生の母親10人がボランティアの手ほどきを受け、黄色い頭巾を仕上げた。同法人は「親子で防災を語り合うきっかけにして」と期待する。

 防災頭巾を贈る運動は、グリットやNPO法人「阪神淡路大震災よろず相談室」(東灘区)などでつくる実行委員会が進める。宮城県気仙沼市で東日本大震災に遭った被災者らも製作に協力。本年度は熊本県の阿蘇市と阿蘇郡内にある27保育園の園児約1850人に贈る目標で、既に1600枚を届け、今後も取り組みを続けていく。

神戸の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ