神戸

  • 印刷
「今年の漢字」に「港」を選んだ久元喜造市長=神戸市役所
拡大
「今年の漢字」に「港」を選んだ久元喜造市長=神戸市役所

 神戸市の久元喜造市長は、今年最後となった21日の定例会見で「今年の漢字」を問われ、その場で色紙に「港」と書いた。神戸港開港150年目の節目にさまざまな事業が展開されたことや、神戸空港の運営事業者が決まったことを踏まえて選んだという。

 職員から手渡された色紙に筆ペンで流麗に書き込み、披露した。阪神・淡路大震災20年を前にした2014年末は「省」、15年末は神戸をより磨くという意味で「琢」、16年末はG7神戸保健大臣会合などを踏まえて「健」だった。

 久元市長は「メリケンパークも再整備してにぎわうようになり、港の将来構想も示した。神戸空港も9月に運営事業者と契約を結び、来年4月から関西、大阪(伊丹)との3空港一体運営が始まる」と説明した。(森本尚樹、若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(1月17日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 90%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

  • 15℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ