神戸

  • 印刷
新鮮なブリやタイを飾り付ける神戸水産物卸協同組合の組合員ら=神戸市兵庫区西柳原町
拡大
新鮮なブリやタイを飾り付ける神戸水産物卸協同組合の組合員ら=神戸市兵庫区西柳原町

 商売繁盛や開運招福を祈願する「十日えびす」を前に、柳原蛭子神社(神戸市兵庫区西柳原町)に8日、神戸市中央卸売市場(同区中之島1)からブリやタイなどの鮮魚が奉納された。9日の宵えびすには、約120キロの本マグロをみこしに載せて神社周辺を練り歩き、宮入りする「まぐろ奉納神事」がある。

 鮮魚奉納は1962年から続く恒例行事で、毎年同市場の神戸水産物卸協同組合が魚を届けている。

 今年は大きいもので10キロを超えるブリやタイ28匹と、キハダマグロ2匹の計30匹を奉納。法被姿の組合員らが新鮮なタイなどの尾と口をひもで結び、本殿の祭壇に飾り付けた。同組合常任理事の秋田昌宏さん(55)は「いい年になるようにと願って奉納した。戌は笑うというが、今年は商売繁盛で笑いたい」と話していた。

 まぐろ奉納神事は午前10時ごろから。境内の神楽殿では午前11時と正午、午後1時半と2時半の計4回、地元有志の「戎舞奉賛会」による淡路人形浄瑠璃の福神楽「戎舞」の奉納がある。期間中、周辺道路では交通規制がある。柳原蛭子神社TEL078・651・0183

(赤松沙和)

神戸の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 22℃
  • 15℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

  • 22℃
  • 15℃
  • 0%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

お知らせ