神戸

  • 印刷
試験的に行われたデジタル通貨での支払い。スマートフォンの画面で金額を選択する=神戸市東灘区魚崎西町1、菊正宗酒造記念館
拡大
試験的に行われたデジタル通貨での支払い。スマートフォンの画面で金額を選択する=神戸市東灘区魚崎西町1、菊正宗酒造記念館

 スマートフォンを利用し、デジタル通貨で買い物をする実証実験が、神戸市と兵庫県西宮市にまたがる酒造会社など10の店舗、施設で行われている。事前に現金を変換した専用のデジタル通貨で商品を購入する仕組みで、実験を企画したりそな銀行は「現金を持ち歩かない『キャッシュレス観光』で、地域の観光活性化を応援したい」と狙いを話す。(篠原拓真)

 同銀行などは、物産品購入や観光体験をパッケージにした企画をホームページ「旅するフクブクロ」や会員制交流サイト(SNS)で紹介。現地での支払いをデジタル通貨で行うことを提案する。

 10日から始まった実験は「ほろ酔い女子の灘五郷SAKE巡り」と銘打って行われ、各店舗や施設が日本酒や化粧品、菓子などを詰めた「フクブクロ」を準備。公募した一般モニターの100組(200人)にそれぞれ2万円のデジタル通貨「旅福通貨」が無料配布された。

 各店舗では10日、2千円か3千円の福袋が用意され、参加した女性たちはスマートフォンの画面で買いたい福袋の値段を選択。画面が「スタンプページ」に切り替わり、店員が「電子スタンプ」と呼ぶはんこを画面に押すと、えびすさまのマークが登場して購入が完了した。

 日本酒「福寿」で有名な神戸市東灘区の神戸酒心館を訪れた西宮市の女性(25)は「スマートフォンの画面を見せるだけで簡単。地元でも酒蔵に来たことがなかったけど、モデルコースも示されていたのでいいきっかけになった」と笑顔で話した。

 りそな銀行の担当者は「『便利です』というだけでは広がらないので、まずは体験して、お得感を感じてもらいたい。いずれは観光のすべてをキャッシュレスで楽しんでもらえるようにしたい」と話した。

 実験は12、17、18日にも行われる。

神戸の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ