神戸

  • 印刷
校長賞に選ばれた土居穂野香さんの料理(手前)などが並ぶ卒業創作展=神戸市中央区栄町通3
拡大
校長賞に選ばれた土居穂野香さんの料理(手前)などが並ぶ卒業創作展=神戸市中央区栄町通3

 神戸国際調理製菓専門学校(神戸市中央区)の卒業創作展が24日、同校であった。卒業生約150人が個人やグループで料理やお菓子を作り、学んだ技術の集大成として展示した。

 調理部門では、西洋料理や中華料理、会席料理などに卒業生が腕を振るった。計67点の中から、最優秀の校長賞に選ばれた土居穂野香さん(20)=北区=は、骨付きのシカ肉のオーブン焼きをメーンに据えた華やかなパーティー料理を作った。

 土居さんは子どものころから、パティシエになるのが夢だったが、同校で製菓と調理の両方を学び、肉や魚など、豊富な食材を扱える調理に魅力を感じたという。「卒業創作は、ジビエ(野生鳥獣肉)に初挑戦してみたかった。シカ肉をさばくのが難しかったけど、見栄え良く焼けた」と笑顔を見せていた。

(段 貴則)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 50%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ