神戸

  • 印刷
北野の異人館について解説する坂本勝比古さん=神戸市中央区北野町1
拡大
北野の異人館について解説する坂本勝比古さん=神戸市中央区北野町1

 神戸・北野の異人館など明治期の洋館の研究や保存活動で知られ、「異人館博士」と呼ばれる坂本勝比古さん(91)が語るイベント「神戸北野誕生物語」が、神戸市中央区北野町1のホテル北野プラザ六甲荘で開かれた。異人館の魅力や活用への取り組みを解説し、北野のまちづくりを提言した。(上杉順子)

 元市職員で、現在は神戸芸術工科大名誉教授。市職員時代の昭和30年代から旧居留地と異人館群を研究し、ハッサム邸やハンター邸の保存、同市北野町・山本通の重要伝統的建造物群保存地区指定(1979年)、阪神・淡路大震災からの復旧などに尽力した。

 イベントは神戸港開港150年を記念し、市教育委員会が主催。異人館博士の秘話が聞けるとあって、当初想定していた150人を大きく上回る約260人が詰め掛けた。

 中国・青島(チンタオ)で生まれ、ドイツ人が建てた洋館で育った坂本さんは「東アジアにおける開港、西洋文化と洋館」と題した講演で、神戸の街が欧州から受けた影響について言及。「外国人による都市形成が特徴。異人館も減ったが残っている。官民が気配りし、地域の歴史的文化遺産を生かしたまちづくりを」と話した。

 その後、近代建築の研究者で、NHK番組「ブラタモリ」のロケが北野で行われた際に案内役を務めた神戸大の小代薫研究員(40)と対談。風見鶏の館に住んでいた女性や、「異人館の画家」と呼ばれた小松益喜さんの逸話で盛り上がった。

 このほか、北野地区でまちづくりに取り組む市民からの報告もあった。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ