神戸

  • 印刷
41歳を迎えた世界最高齢のロングノーズガー(須磨海浜水族園提供)
拡大
41歳を迎えた世界最高齢のロングノーズガー(須磨海浜水族園提供)

 須磨海浜水族園(神戸市須磨区若宮町1)で飼育されている淡水魚「ロングノーズガー」が1日、41歳の誕生日を迎えた。世界最高齢の記録を更新中で、水族館で繁殖した魚類としても国内最高齢という。職員からは「じいちゃん」と呼ばれ、見守られながら日々過ごしている。

 ロングノーズガーは北米の河川や湖に分布し、口の部分が細長く突出しているのが特徴。この個体は、1977年3月1日の産卵で誕生し、雌雄は不明。当時約200匹が生まれた中、95年の阪神・淡路大震災も乗り越え、唯一生き残っている。寿命ははっきりと分かっていないが、飼育下では10年以上生きるという。

 同園内の「世界のさかな館」で飼育されており、水槽の底でじっとしていることが多いという。飼育担当の小坂直也さん(29)は「小食なので気をもむこともあるが、今まで通り、ゆっくり長生きしてほしい」と話している。同園TEL078・731・5020

(太中麻美)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ