神戸

  • 印刷
ワクワクする写真や将来なりたいものをボードに貼っていく生徒たち=神戸市中央区港島中町4
拡大
ワクワクする写真や将来なりたいものをボードに貼っていく生徒たち=神戸市中央区港島中町4

 自分の好きなことや将来の姿などの画像を新聞や雑誌などから切り抜き、1枚の大きな紙に貼って未来の自分を想像する「ドリームボード」作りの授業が8日、神戸学院大付属中学校(神戸市中央区)であった。関西では初の試みで、1年生約70人が挑戦した。

 1980年代に企業内研修から始まった手法で、目標設定をせず、自分の興味関心を可視化することで自発的に人生設計を考えるのが特徴。2014年に一般財団法人「日本ドリームボード財団」(福岡市)が設立され、16年からはキャリア教育の一環として、小中学校でも取り入れられている。

 生徒らは横110センチ、縦40センチのボードに「2020年」など、各自の未来の日付を決めた。続いて、400~500部の雑誌や新聞、パンフレットなどから、好きなファッション▽アイドル▽アニメ▽スポーツ▽車-などの写真、見出しを切り取り、「教養」「こころ」など六つのテーマに沿って貼り付けた。

 女子生徒(13)は「好きな服を着て好きな所に旅し、好きな物を食べる!」と20歳になる24年を想像。「中学高校では部活などを頑張る」と誓い、支えてくれる母への言葉も添えた。海外で活躍するサッカー選手の写真をたくさん選んだ男子生徒(13)は最後にローマの街の写真を貼り「やっぱり、あこがれる」と照れくさげだった。

 9日には保護者の前で発表する。(広畑千春)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ