神戸

  • 印刷
観光と地域活性化をテーマに意見を交わす参加者たち=神戸市中央区港島中町6
拡大
観光と地域活性化をテーマに意見を交わす参加者たち=神戸市中央区港島中町6
作家の吉岡忍さん
拡大
作家の吉岡忍さん
作家、脚本家の大宮エリーさん
拡大
作家、脚本家の大宮エリーさん

 各界で活躍する文化人が、豊かな時間を過ごすヒントを語る「JTフォーラム ひとのときを、想う。」(神戸新聞社主催、JT協賛)が9日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれた。作家の吉岡忍さんと大宮エリーさんが旅について講演し、約230人が聞き入った。

 吉岡さんは「小説を旅する」と題し、日本ペンクラブの企画「ふるさとと文学」を紹介。地元にゆかりのある作家の生涯を舞台化するなど、地域活性化を目指す取り組みを説明した。阪神・淡路大震災後、神戸で1カ月間テント暮らしした経験にも触れ、「歴史の重みを、きちんと表現できる街並みを定着させてほしい」と力を込めた。

 大宮さんのテーマは「旅からの贈り物」。沖縄県の久高島を訪問後、海の絵を描いて展示したところ、見た人が眠り込んでしまった不思議な体験などを、ユーモラスな語り口で紹介。「生きていくことが旅であり、人生。一つ一つの旅を大切にしていきたい」と締めくくった。

 続いて「ツーリズムの振興や国際交流をいかした地域創生」と題したパネルディスカッションが開かれ、神戸の観光地としての魅力について意見が交わされた。(太中麻美)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ