神戸

  • 印刷
被災地に向け、心のこもった歌声が響いたチャリティーコンサート=神戸市立多聞東中学校
拡大
被災地に向け、心のこもった歌声が響いたチャリティーコンサート=神戸市立多聞東中学校

 神戸市立多聞東中学校(同市垂水区学が丘3)で11日、東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市での「神戸の森」づくりを支援するチャリティーコンサートが開かれた。同校吹奏楽部員のほか、企画に賛同する近隣の中学校の同部員ら計約120人が参加し、軽快な音色を響かせた。

 チャリティーコンサートは、元は神戸市西区の玉津中吹奏楽部が震災直後から始めた。2013年からは多聞東中が主体となって活動に励んできた。

 取り組みを続ける中で、気仙沼市の沿岸部に木を植えて津波に備えようと、コンサートの収益で苗木を買い、植樹する森の防波堤「神戸の森」をつくる活動にも挑戦してきた。

 この日は、多聞東中の部員らによる勇壮なファンファーレ演奏で幕開け。続いて神戸市の舞子中、押部谷中の吹奏楽部などがポップスやアニメ主題歌など多彩な楽曲を披露した。多聞東中2年で吹奏楽部部長の岡田茉優さん(14)は「東北の人に届くような演奏ができた」と力強く話した。(西竹唯太朗)

神戸の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ