神戸

  • 印刷
譲渡会のために用意されたネコを表現したバス=神戸市中央区御幸通7
拡大
譲渡会のために用意されたネコを表現したバス=神戸市中央区御幸通7

 都市部にバスで赴き、ネコの譲渡会を開く「ネコのバス 猫カフェみたいな譲渡会」が14日、神戸市中央区御幸通7の「ネスカフェ三宮」前の広場で始まった。耳の付いたネコ形のバスが登場し、約50人がネコと触れ合った。15日まで。

 ペットフードの製造などを手掛けるネスレ日本の主催で初めて開催。都市部で譲渡会を行うことで、より多くの人に野良猫の殺処分問題などを知ってもらうことが目的という。

 バス内には各地で保護されたネコ6匹がおり、「乗客」はケージに入ったネコを眺めたり、触ったりしながら保護活動への理解を深めた。

 須磨区から夫婦で訪れた男性(38)は「譲渡会のことは知っていたが、行く機会がなかった。駅前で開催することで興味を持つ人も多いと思う」と話していた。

 正午~午後3時。乗車券としてオリジナルデザインのキットカット(500円)の購入が必要。(西竹唯太朗)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ