神戸

  • 印刷
動画一覧へ
夏に向け、飼育員に全身の毛を刈られるヒツジ=六甲山牧場
拡大
夏に向け、飼育員に全身の毛を刈られるヒツジ=六甲山牧場

 神戸市灘区六甲山町の六甲山牧場で29日、夏を迎える前にヒツジの毛を刈る恒例のショーがあった。陽気に誘われた大勢の観光客らが、全身の毛が刈られ涼しげな姿に変わる様子に見入った。

 野生でなく飼育されているヒツジは毛が抜け替わらないため、夏の暑さや湿気の対策として毎年この時期に毛刈りをする。1頭から約4キロの羊毛がとれ、汚れを取り除いた上で製品利用されるという。

 飼育員が足をばたつかせるヒツジを座らせ、専用のバリカンで胸から毛をカット。15分ほどで刈り終えると、ヒツジはすっきりとした姿で元気よく牧場内を歩き回っていた。

 両親と訪れた高羽小学校(同市灘区)3年の中尾楓君(9)、妹で同2年の優李さん(7)は「刈られる間は少し痛そうだったけど、終わってからは気持ちよさそうだった」と笑顔だった。

 今後のショーは30日と5月3~6日の午前11時から実施。雨天中止。同牧場の入場料は高校生以上500円。小中学生200円。同牧場TEL078・891・0280

(田中宏樹)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ