神戸

  • 印刷
動画一覧へ
力強い掛け声に合わせて駆け巡るだんじり=東灘区御影中町、阪神御影駅前
拡大
力強い掛け声に合わせて駆け巡るだんじり=東灘区御影中町、阪神御影駅前

 大型連休も後半に入った3日、神戸市内の各地で春祭りが開かれた。だんじりやみこしが地域を巡り、勇壮な練り合わせを披露。まちの繁栄を願う子どもや大人の威勢の良い掛け声が響いた。

 東灘区の阪神御影駅前では、御影地区のだんじり11基が一堂に集まる「御影だんじりパレード」があり、各地区自慢のだんじりが駆け巡った。

 同パレードは、阪神・淡路大震災からの復興を願い1996年に始まった。

 精巧な彫刻が施されただんじりがお目見えすると、道路の両側を埋めた観客が拍手で出迎え。引き手が2~3トン近いだんじりを全速力で前進させたり、後ろの車輪を軸にして回転させたりする技を次々と披露し、会場は熱気に包まれた。

 今年の当番地区「郡家」の一員として、13歳から参加する自営業の男性(30)は「世代を超えて一緒に巡行し、大勢の人の前で練り回しができるのはすごく気持ちがいい」と汗をぬぐった。

 11基中8基は、4日午前10時半に弓弦羽神社に「宮入」。この8基は同日午後2時ごろから阪急御影駅南で練り回しをする。(田中宏樹)

神戸の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ