神戸

  • 印刷
軽やかな舞を披露する出場者=神戸市中央区楠町4
拡大
軽やかな舞を披露する出場者=神戸市中央区楠町4

 若手舞踊家が華麗な舞を披露する「第31回こうべ全国洋舞コンクール」(神戸新聞社など共催)が3日、神戸市中央区の神戸文化ホールで始まった。クラシックバレエやモダンダンス、創作の3部門に全国から男女866人が出場し、技術や表現力を競う。6日まで。

 コンクールは1988年から毎年開催。小学生から大人までが出場し、課題曲や自由曲に合わせ、持ち時間内で踊る。今年からクラシックバレエ部門に女性ジュニア3部(10、11歳)、モダンダンス部門にジュニア3部(8~11歳)が新設された。

 初日はクラシックバレエ部門の女性ジュニア3部と同2部(12~14歳)、同1部(15~17歳)の予選があった。出場者は華やかな衣装を身にまとい、脚を真っすぐ上げたり、跳躍を見せたりして、力強くも軽やかな舞で観客を魅了した。

 初出場という女児(11)=明石市立高丘西小6年=は「とても緊張したけど、バレエが大好きという思いを表現できた」と話した。(村上晃宏)

神戸の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ