神戸

  • 印刷
見頃を迎え、優雅に咲き誇るバラ=市立須磨離宮公園
拡大
見頃を迎え、優雅に咲き誇るバラ=市立須磨離宮公園
見頃を迎え、優雅に咲き誇るバラ=市立須磨離宮公園
拡大
見頃を迎え、優雅に咲き誇るバラ=市立須磨離宮公園
須磨離宮公園でしか見られないというオリジナル品種「茜離宮」
拡大
須磨離宮公園でしか見られないというオリジナル品種「茜離宮」

 バラの名所として知られる神戸市立須磨離宮公園(須磨区東須磨)で11日、恒例の「ローズフェスティバル」が始まった。例年より10日ほど早く、約180種、4千株が開花。同園のみで育成しているという新種もお目見えし、色鮮やかで優雅な花々が来園者を出迎える。

 昨年の開園50周年を記念し、同園のみで育成している「茜離宮」は、大ぶりで濃い赤色の花びらが印象的だ。バラの世界大会で「殿堂入り」した品種や、敬宮愛子内親王にちなみ「プリンセス・アイコ」と名付けられたピンクのかれんな花なども並ぶ。同園の女性(34)は「自分のお気に入りの花を見つけてほしい」と話す。

 フェスは30日まで。期間中は公園職員によるバラガイド(13、20、27日)▽神戸女子大学主催の音楽祭(13日)▽神戸まつりの関連イベント「須磨音楽の森」(19日)-などがある。

 午前9時~午後5時。15歳以上400円、小中学生200円。19日は入園無料となる。同園TEL078・732・6688

(久保田麻依子)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 20%

  • 21℃
  • 13℃
  • 70%

  • 21℃
  • 16℃
  • 20%

  • 21℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ