神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 チャイルドシート付き自転車の優先エリア設置と合わせ、子育て世帯が外出しやすい環境づくりを進めるため、神戸市は8月から、未就学児がいる家庭の保護者2人まで、市内の駅前43カ所にある市立駐輪場の利用料を半額にする。事前の申し込みが必要で、7月下旬から受け付けを始める。

 各駅前の市立駐輪場の利用料は、駅から250メートル以内なら、屋根付きは1カ月定期1500円、一時利用は1日当たり100円など。駐輪場にある事務所で定期を購入する際などに、住民票や保険証などで家族に未就学児がいることを示せば半額になる。両親以外にも、同居する祖父母らも対象になる。

 一時利用者には「減額確認証」のシールを配り、ハンドルなど見やすい場所に貼り付けてもらう。市立の43カ所以外に、民間に移管したJR兵庫駅、市営地下鉄板宿駅前の2カ所は定期利用のみ半額になるように調整を進めている。(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 20%

  • 21℃
  • 13℃
  • 70%

  • 21℃
  • 16℃
  • 20%

  • 21℃
  • 15℃
  • 30%

お知らせ