神戸

  • 印刷
サポートカーの引き渡し式で神戸トヨペットの大森弘一代表取締役専務(左)からゴールデンキーを受け取る神戸マラソン実行委山根尚事務局長=神戸市兵庫区水木通2
サポートカーの引き渡し式で神戸トヨペットの大森弘一代表取締役専務(左)からゴールデンキーを受け取る神戸マラソン実行委山根尚事務局長=神戸市兵庫区水木通2

 11月18日に開催される「第8回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)に向け、大会PRや機材運搬などに使われる大会サポートカーの引き渡し式が1日、神戸トヨペット本社(神戸市兵庫区水木通2)で行われた。

 同社からの車両提供は2014年から5回目。7人乗りのミニバン「エスクァイア」で、タイヤ近くの車体に黄色の花びらを描き、震災復興の象徴であるひまわりを表現。ボンネットやドアなどには大会テーマカラー(3色)である、神戸市旗と山を表す「緑」、日の丸と太陽を表す「紅」、県旗と海を表す「セルリアンブルー」が使われている。県マスコット「はばタン」もランナー姿で描かれた。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 50%

  • 21℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ