神戸

  • 印刷
市が駆除を進めているオオキンケイギク=西区玉津町(神戸市提供)
拡大
市が駆除を進めているオオキンケイギク=西区玉津町(神戸市提供)
効果的なオオキンケイギクの駆除方法
拡大
効果的なオオキンケイギクの駆除方法

 5~7月に黄色い花を咲かせる北米原産の特定外来生物「オオキンケイギク」。神戸市内では、西区や北区を中心に、道路ののり面や中央分離帯、河川敷などに群生し、繁殖力が強いため日本固有の野草を駆逐する恐れがある。市が駆除を進めているが、市内全域への拡大を防ぐため、市民にも協力を呼び掛けている。

 オオキンケイギクはキク科の多年草。コスモスに似た直径5~7センチの花は色鮮やかで毒性などもなく、1880年代に観賞用として国内に持ち込まれた。初夏の風物詩として親しまれてきたが、岐阜県の木曽川では一時カワラヨモギなどの在来種が激減するなど固有の生態系への影響が大きいとされ、2006年に特定外来生物に指定された。

 現在は新たに植えたり、移動させたりすることが禁止されている。市内でも群生が目立つようになり、市は昨年、須磨区と西区を結ぶ幹線道路沿いなどで刈り取り、今年も須磨区の総合運動公園内で抜き取りをする。民有地でも群生しており、土地所有者や清掃に取り組む団体などに協力を求めている。

 市は、生物多様性の保全活動に活動費(上限10万円)を補助する制度を設けており、緑地帯のオオキンケイギクの抜き取りも対象としている。スコップで根ごと抜き取るか、根元から刈り取るのが有効。種子が飛び散らないようにし、枯らせてから処分することを呼び掛けている。市自然環境共生課TEL078・322・5316

(若林幹夫)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ