神戸

  • 印刷
ウガンダの元子ども兵の社会復帰について語るオテマ・ジミー所長=神戸市外国語大学
拡大
ウガンダの元子ども兵の社会復帰について語るオテマ・ジミー所長=神戸市外国語大学

 ウガンダにある元子ども兵の社会復帰支援施設「スマイルハウス」のオテマ・ジミー所長(35)が12日、神戸市外国語大学(同市西区)や須磨翔風高校(同市須磨区)を訪れ、学生や生徒らに、ウガンダでの子どもたちの悲惨な現状や現地での取り組みについて話した。(西竹唯太朗)

 同施設を運営する認定NPO法人「テラ・ルネッサンス」(京都市)は2001年に設立。ウガンダのほか、コンゴやカンボジアで元子ども兵らの社会復帰などを支援する。

 神戸市外大では学生約30人が聴講。訪問を企画した杉山精一准教授によると、ウガンダでは約3万人の子ども兵がおり、誘拐された子どもも多いという。同施設ではこれまで約200人が社会復帰を果たした。

 ジミー所長は「少年兵は自分の家族を最初に殺して、殺人に対する抵抗をなくすように教育される」などと説明。「世界に子ども兵は約30万人といるという。そのことを世界に訴えていくことがまず必要だ」と強調した。

 質疑応答では、学生から施設内での子どもたちの様子などについて質問があった。同大学国際関係学科1年の女子学生(18)は「テラ・ルネッサンスについての本を読み、興味を持って参加した。子どもたちが社会復帰するため、自分に何ができるのかを探していきたい」と話した。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 17℃
  • 40%

  • 23℃
  • 11℃
  • 50%

  • 21℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 14℃
  • 40%

お知らせ