神戸

  • 印刷
神戸のランドマークの前でヨガをする参加者たち=神戸市中央区波止場町(超広角レンズで撮影)
拡大
神戸のランドマークの前でヨガをする参加者たち=神戸市中央区波止場町(超広角レンズで撮影)

 ヨガに親しむイベント「国際ヨガDAY関西2018 in 神戸」(神戸新聞社など後援)が24日、神戸市中央区波止場町のメリケンパークであった。初夏の日差しの下、1496人が一斉にポーズを取り、自分の心と体に向き合った。

 国連が2014年に定めた「国際ヨガの日」(6月21日)にちなんだ催しで、開催地のヨガ講師らでつくる実行委員会が主催する。関西では4回目で、各地のランドマーク前で愛好家たちが一緒にヨガをするのが恒例となっている。

 「大地を感じましょう」「鼻から息を吐いて」。ステージ上の講師のアドバイスに従い、参加者たちがゆっくりと体を動かし、目を閉じて呼吸を整えた。会場は海が見え、神戸のシンボルのポートタワーなどが建つ立地。夫婦で参加した神戸市垂水区の会社員男性(35)は「普段ヨガをするのは室内。今日は景色が良く、天気にも恵まれ気持ちが良かった」と穏やかな表情で話した。

 音楽ステージや飲食と物販のブースもあり、会場は家族連れらでにぎわった。(那谷享平)

神戸の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ